シミ取りクリームを使ってシミが消えた投稿者の年齢は何歳くらいが多いかというと、30代から50代と幅広い年齢層です。
シミはメラニン色素のかたまりで、年齢を重ねたりケアを怠ったシミはメラニンを分解する成分が配合されているシミ取りクリームを使用します。
その成分はハイドロキノンで、昔から肌の漂白剤として使用されており、安全性も問題ありません。
ハイドロキノンであれば頑固なシミやくすみなどをピンポイントで解消することが期待できます。
シミを防ぐ効果のあるタイプもあります。
メラニンはメラノサイトで生成されますが、生成される際にチロシナーゼという酵素を阻害する成分が配合されているタイプを使用します。
また予防にはビタミンC誘導体が配合されたタイプも効果があります。
濃くなってしまったシミには効果は期待できませんが、日常のシミ予防であれば安心して使用することができます。
シミといっても色々な種類があり、シミによって有効な対処法が異なります。
万が一間違った対応をすると効果がないだけではなく、さらにシミを濃く悪化させる可能性も否めません。
シミには老人性色素班、脂漏性角質症、肝斑、そばかす、炎症性色素沈着などがあります。
老人性色素班はシミ取りクリームなどでは取り除くことができないため皮膚科などを受診します。
脂漏性角化症は美容外科などでレーザー治療を行います。
また肝斑は判断が難しく、内服薬での治療が主流なので皮膚科などを受診することが良い選択となります。