シミ取りクリームにはさまざまな種類があり、配合されている成分にも違いがあります。
安価で手軽に利用できるものは、ビタミンCやビタミンE、プラセンタなどが含まれているクリームです。
シミが出来る原因は肌の老化とメラノサイトという細胞が生成するメラニン色素です。
これらの物質は抗酸化物質としてメラニンの合成を防止するのには役立ちますが、実はあまりシミ自体を減少させる効果はありません。
シミ取りクリームの中にはハイドロキノンが配合されているものもあります。
ハイドロキノンはシミの防止だけでなく、メラノサイトを減少させる効果もある成分です。
ハイドロキノンが配合されているクリームには1%〜5%の濃度差がありますが、濃度が高いからといって大きな効果が期待できるわけではありません。
ハイドロキノンは高い濃度になると肌に刺激を与えることがあります。
場合によってはピリピリしたり赤みがでてくることもあります。
体質によって肌の状態は違っていますので、パッチテストを行って刺激がない濃度のハイドロキノン配合のクリームを選ぶと良いでしょう。
通販などでもハイドロキノン配合のクリームを入手することはできますが、皮膚科で処方してもらうこともできます。
もし市販のもので刺激を感じることがあった場合は、医師に相談して最適なクリームを提示してもらうのも良いでしょう。
刺激が強すぎると日ごろから使うことが困難になり、シミ対策が出来なくなってしまうこともあります。